得意なパターンが見つかれば、チャートを見るだけで楽しくなるよ!

チャートを味方につけて成功者になろう!

f5f8ee52eebb71dbee2d1d1885920419_s

FXにまだそれほど慣れていなければ、チャートを見ても何が何だかわからずただただ苦痛に感じるだけという方も多いでしょう。複雑に動くローソク足を見ても、そこから意味を見出すことは初心者にはむずかしいかもしれません。

しかし一見不規則に動いているチャートにも、ある程度のパターンや法則があります。もちろん毎回そのパターン通りに動くということはありませんが、自分の得意なパターンが見つかれば、勝率が上がるだけでなくチャートを見ること自体が楽しくなってきます。

得意なパターンを増やして、「勝負時」を増やしていきましょう。

チャートの動き方にはどんなパターンがある?

似た動きをとる通貨ペアとの連動

通貨ペアには似たような値動きをする組み合わせがあります。

例えば円/ニュージーランドドルと円/オーストラリアドルは似た動きを取ります。どちらかが急な値動きをとったら、連動してもう一方の通貨ペアも同じような値動きをすると判断してエントリーするのがコツです。

逆の動きをとる通貨ペアとの連動

連動して動く通貨ペアがあれば、真逆に動く通貨ペアもあります。

円/米ドルとユーロ/米ドルがその例です。一方の通貨ペアの値動きを見て、もう一方の通貨ペアが逆の値動きをすることを予測することができます。

チャートの動きから判断

他の通貨ペアを用いなくても、単純に一つの通貨ペアのチャートの動きからパターンを見出すことも可能です。要するにテクニカル分析と呼ばれるものですね。

最も代表的なのが移動平均線と呼ばれるインジケーターを用いたもので、長期の移動平均線と短期の移動平均線の交わりから、チャートの上がり下がりの予測が可能です。

得意なパターンを増やしていこう

606732a870de76ace9fa3483c4e8ba22_s

得意なパターンが増えていけば、それだけ「勝負時」が増えます。

ただチャートを眺めて売買を迷っているよりも、自分の中で「このパターンになったら買う」といってパターンをみつけ、スタイルを確立していけると良いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です